Pocket

全国には大抵、地域特有の銘酒がありますよね。
お酒が好きな方は、飲み比べをしたりこだわりの逸品を見つけたりと、嗜む機会が多いかもしれません。
太宰府市は梅関連の名産品が多いですが、その中に梅酒があることを知っているでしょうか?
今回は、太宰府市で有名な梅酒東風の梅について、ご紹介したいと思います。

どのような梅酒なの?

太宰府市では、市の花には梅が定められており、歴史的にも梅の花との繋がりが多くあります。
梅をモチーフにした名産品が多いことにも、納得できますよね。
実はその中に、お酒も含まれているのです。

太宰府梅酒東風の梅は、一般的な梅酒とは違い、梅の甘みと焼酎の旨味が引き出されるような製法で、落ち着いた味わいであることが特徴になります。
焼酎を使うことによって、お酒の風味に、より深みが出てくるでしょう。
ここは、一般的な梅酒との違いとして、製造している酒造でもポイントにしています。

名産品であるもう1つの理由は、製造するにあたり、太宰府政庁の梅を利用していることもあるでしょう。
いつもと違う梅酒を飲んでみたいという方には、オススメしたいですね。

また風味が評価され、2017年の全国梅酒品評会において、本格焼酎梅酒部門の銅賞である3位を獲得したほどで、多くの方から高い評価を得ていると言えるでしょう。
地域の特色を生かしたというだけではなく、味も確かであることがよく分かってきますよね。
お酒好きな人へのプレゼントの候補として、いかがでしょうか?

由緒ある酒造で製造されている東風の梅

九州、福岡においても有名な酒造がありますが、東風の梅が製造されている酒造は、どこになるのでしょうか?

製造しているのは、福岡市で一番古くから創業している、大賀酒造になります。
1637年の江戸時代に創業を始めていますので、福岡市だけではなく、太宰府市とも歴史的な繋がりあったことが当然伺えますよね。
今回ご紹介した梅酒だけではなく、その他のお酒も数々の賞を取得していますので、福岡のお酒の名門になるでしょう。

小さめの720mlの場合は、1300円、大きい1.8Lの場合だと2500円になり、現地のお店だけではなく、酒造のホームページでも販売されています。
お酒が苦手な人でも、梅酒だと様々な飲み物で割ると嗜みやすいですし、比較的買いやすい値段ですよね。
気になった方は、是非一度検索してみて下さい。

参考URL
大賀酒造(http://www.ogashuzo.com/info/umeshu/item_16.html)

まとめ

今回は、太宰府市で有名な梅酒東風の梅について、ご紹介しました。
太宰府政庁の梅を使用して製造された梅酒であり、焼酎につけているため、一般的な梅酒よりも深い味わいを得ることができます。
地元の銘酒ですので、飲み比べの候補にしてみてはいかがでしょうか?
太宰府市で外壁塗装業者を探している方は、是非、弊社ハウジングコートにご連絡下さい。
見積もりも無料で対応させて頂きますので、心よりお待ちしております。

Pocket