Pocket

本サイトをご覧になっているみなさんは、塗装をする職人さんが資格を持っていることは知っていますよね。
しかし、細かい資格の違いについては分からない部分もあるでしょう。
例えば、塗装技能士でも、二級になると何が違ってくるのでしょうか?
今回は、二級塗装技能士は他の資格と何が違うのかについて、ご説明しましょう。

資格の特徴を知ろう~二級塗装技能士はどのように取得できる?~

二級塗装技能士は、一般的に仕事で塗装の業務を2年以上行っている場合に、受験することができる資格になります。
ここで、同じ塗装技能士の中でも一級の場合と何か違いはあるのかと、疑問に思う人もいるかもしれません。
実は、塗装の仕事をする上で、できる作業の有無には、あまり違いはないのです。

大きな違いとして、二級の場合は、試験のレベルが中級者向けの塗装に関する内容であると言えるでしょう。
反対に、一級の試験内容は、難易度が上がりますので、上級者向けの内容だと思って下さい。
つまり、級の違いは試験の難易度の違いになるでしょう。

一般的な国家試験は、資格を取得することで仕事をすることができます。
しかし、信頼を得るためには、正確な技術や知識がないといけませんよね。

塗装業界も同様で、設定されている級が上がるごとに、仕事の幅が広がりますし、技術に対する信頼度も違ってきます。
二級でも素人から見ると技術への信頼度は高いですが、より高度になると、信頼度も増してきますよね。
従って、経験年数やその人の状況に応じて、資格を通してレベルアップすることが可能になると言えるでしょう。

受験をするとなると、二級塗装技能士の難易度はどのくらい?

数多く資格はありますが、業種によって難易度は変わりますよね。
しっかりと問題集を勉強していると合格できるものもありますし、より高度な内容を求められる場合もあるでしょう。
今回ご紹介している資格は、レベルで言うとどのくらいになるのでしょうか?

一般的に、塗装技能士の中でも二級を受験する場合は、塗装に関する知識が中級程度あることが求められます。
中級と聞いてもイメージが付きにくいですが、業界の人からすると、仕事において基本的な知識が問われるレベルだと思って下さい。
そのため、職人さんでも、二級の取得から目指すという人が多い特徴がありますので、登竜門的な位置づけになるでしょう。

まとめ

今回は、二級塗装技能士は他と何が違うのかについて、ご説明しました。
こちらの資格に関しては、職人さんの中でも、初めて資格を取得しようとする人が目指すものであり、塗装に関する基本的な知識が問われる内容になります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket