Pocket


私たちの身の回りには、数多くの資格がありますよね。
みなさんの中でも、何かしらの資格を取得して、専門の仕事に就いているという人がいるでしょう。
住宅に関わる塗装をするにあたっても、専門的な資格が必要になるのです。
今回は、工事をするためには必須となる、塗装工事業に関する知識について、ご説明しましょう。

塗装に関わる全ての工事で求められるため必須!

みなさんは、塗装を業者さんに依頼した時に、工事の期間や内容を説明されますよね。
お互いに不明な点がない状態で、工事を進めていくことになります。

しかし、業者さんが工事を行うためには、塗装工事業を持っていることが求められますので、基本的には工事を勝手にしても良い訳ではありません。
当たり前かもしれませんが、業界内で必要となる許可と言うものがあるのです。
日常で行われている工事でも、許可があるかどうか、きちんと表示されているでしょう。

これが必要になるのは、みなさんが想像しやすい自宅の外壁の塗装だけではなく、例えば、溶接に関わる工事や路面にある標示の塗装にも該当します。
一例を挙げましたが、塗装に関わる幅広い工事に必要であることが分かりますよね。
では、どのような条件をクリアすると、工事が認められるようになるのでしょうか?

塗装工事業を始めるためには?~必要な条件は?~

まずは、経営に関わる管理責任者が必ずいることがポイントになり、塗装に関する経営を5年以上続けていることが求められます。
例えば、会社で申請をする場合には、この立場に取締役が就くことがあり、アルバイトのような働き方ではない人が対象になるでしょう。
年数の部分や経営の状態さえ気をつけているならば、あまり問題はありませんよね。

もう一つは、専任技術者がいることで、基本的に塗装に関する国家資格を持っている人を、きちんと雇っているかがポイントになります。
塗装の作業を見ると、素人が行うには難しい工程がほとんどですよね。
専門の勉強をしてきた職人さんだからこそ、安心して任せられますし、きちんとした仕上がりを求めることができるでしょう。

補足として、塗装の経験が10年以上ある人も対象になりますが、一般的には何かしらの専門の資格を持っていることが多いかもしれません。
気になった人は、職人さんにはどのような資格があるのか、聞いてみても良いでしょう。

まとめ

今回は、工事をするために必須となる、塗装工事業に関する知識についてご説明しました。
これは、塗装に関わる工事をするために必要なもので、認められるためには行政が提示した条件をクリアする必要があります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket