Pocket

外壁の塗装の仕方は、ローラー等で塗るだけではありません。
中には、素材を張り付けたり吹き付けて塗装したりする方法もあるのです。
その場合、塗り方1つとっても仕上がりに違いが出てくるのです。
今回は、塗装を吹き付ける工法の基礎知識と、他の施工方法との違についてご説明しましょう。

吹き付け工法の基本を知っておこう

みなさんは、自分で外壁の塗装をしようとする際には、何を使って塗っていきますか?
一般的な道具として、ハケやローラーがありますよね。
その他に、スプレーを使って、外壁に塗っていく方法があるのですが、みなさんは見たことがあるでしょうか?

吹き付けは、スプレーガンと呼ばれる専用の道具を使って、壁に噴射する形で塗装を行っていきます。
この方法は、車や模型の塗装でも使われていますので、経験がある人もいるかもしれません。
また、塗装を仕上げる際にも、吹き付けが行われることがあります。

手塗り以外にも、外壁を塗る方法があり、職人さんは目的に応じて、道具を使い分けていると言えるでしょう。
また、外壁だけではなく、屋根の塗装をする際にも使われることがあります。

吹き付け工法を選択するポイントとは?

それでは、吹き付け工法はどのような目的の時に利用されるのでしょうか?

一般的に、吹き付けをすると、外壁の広範囲に塗料を塗ることができますので、作業を早く進めることができます。
そのため、職人さんの立場になって考えると、塗る手間や負担が手塗りと比べると断然違ってきますよね。
その結果、みなさんには、工事の期間の短縮に繋がったり、費用が通常よりお得になったりするメリットがあるでしょう。

一方で、塗料が飛び散らないように配慮しなければならなかったり、塗料の臭いが広がりやすくなったりするデメリットもあります。
シートで周囲に飛び散らないようガードしてもらう等、業者さんにできる対策を取ってもらうようにお願いしましょう。

また、手塗りと違い、塗りムラが出やすいので、ムラのない状態を希望する人は避けた方が良い工法でしょう。
反対に、塗りムラを1つのデザインとして、立体感のあるデザインにしたい人にはオススメの工法になると言えますね。

道具を使用している時は、大きな機械音がしますので、騒音のトラブルにならないよう、近所の人には工事のことを事前に伝えておきましょう。

まとめ

今回は、塗装を吹き付ける工法の基礎知識と、他の施工方法との違いをご説明しました。
これは広範囲に、かつ一気に塗料を塗ることができる方法で、職人さんの作業の時間短縮にも繋がる他、費用面でお得な事が多いです。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket