Pocket

塗装に関して専門用語を並べられても、素人には分からないことも多々ありますよね。
特に契約の段階になると、まずは何を確認すればいいのか分からないという人もいるでしょう。
実は契約について、みなさんが最低限把握しておくべきポイントがあるのです。
今回は、外壁塗装で見るべき契約書のポイントを解説しましょう。

必ず渡される工事請負契約書をチェック!

契約時に渡されたり、確認されたりする書類は数多くあります。
例えば、請求書や保証書、請負契約約款、代金の内訳書が一般的な書類として挙げられますが、何から確認するべきか困ってしまいますよね。
このような時は、まずは工事請負契約書を見てみましょう。

これは、業者へ工事を依頼する際に作成される書類になり、工事代金や支払いの方法等、工事にあたって重要なことがすべてまとまっています。
何から確認すればいいのか迷った場合は、まずはこの書類から見ていくといいですね。
みなさんがすぐ確認できるだけではなく、業者さんとの不要なトラブルを防ぐためにも役立ちますので、忘れずにチェックしましょう。

また、クーリングオフの記載があるか、業者にとって都合の良い内容になっていないかも、時間をかけて見ていきましょう。

私たちが最低限見ておくべき項目はココ!

とりあえず、最初に確認すべき書類は分かりましたが、具体的にどこの項目を見るといいのでしょうか?
実は、最低限確認しておくべき項目は、大きく2つあります。

1つ目は、工事に関する必要な物や工事場所の情報が、細かく書かれているかです。
悪質な業者の場合は、この項目を大雑把に記載したり、不明瞭なままにしたりしていることが多い特徴があります。
使用する塗料の名称や、どの程度の規模で行う工事なのかがはっきりと記載されているかは、信頼できる業者を見つける上でも重要になりますね。

2つ目は、支払いの金額や方法、工事期間がきちんと記載されているかです。
特にお金に関わることは重要ですので、ここで不明確な部分があると、みなさんも不安に思いますよね。
何にどのくらいの費用がかかるのか、工事を実施する期間が不明瞭ではなく、きちんと書かれているかどうかはとても重要です。

また、支払いの方法にみなさんが納得した上で、契約を結んでいるのかも重要なポイントですので、不安がある場合は相談しながら進めていきましょう。

まとめ

今回は、外壁塗装で見るべき契約書のポイントについて解説しました。
書類は多くありますが、工事請負契約書をまずは確認し、工事に関わる情報や、金額に間違いや不明瞭な部分がないかを必ずチェックしましょう。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket