Pocket

「家のイメージを変えたいし、屋根の塗り替えでもしようかな」とお考えの方も多いかと思います。
しかし、なかなか屋根の塗り替えなんてしないので、色の選び方ってわからないですよね。
でも、色選びで失敗したくない。
そんな方のために、今回は、屋根を塗り替える際の色の選び方について解説させていただきます。

 

□外壁との調和を考慮する

 

家の印象は屋根だけでは決まりません。
外壁との組み合わせで決まります。
ですから、外壁との色の組み合わせを意識することが大切です。

 

*色相環を意識する

 

色相環とは簡単にご説明すると、色を体系立てて、似た色を隣に配置し、円形に並べたものを指します。
一度は色見本などでご覧になった方も多いと思います。
屋根と外壁の色の調和を考える際はこの色相環において、なるべく近い色を選びましょう。
つまり、同系色の色を選ぶことがポイントとなります。
あまり系統の違う色だと、まとまりがなくなってしまうからです。

 

*屋根の色が与える印象

 

実は、屋根の色が外壁の色より暗い方が、落ち着いた印象を与えることができます。
明るく、薄い色だと、軽い印象を与えてしまうのです。

 

□屋根の色で注意したいポイント

 

「色選びのポイントもわかったし、早速、色を選ぼう」とお考えの皆様、ちょっと待ってください。
注意したいポイントが3点あります。

 

*地元の景観ガイドラインに注意する

 

地域によっては地元の景観に合わない塗装や建築を規制している場所もあります。該当地域の場合、業者に依頼される際には、業者の方から説明があると思いますが、一応知っておきましょう。

*面積効果

 

面積効果とは大きい面積の色は実際よりも明るく見えるという錯覚のことです。
よく、小さな色見本で「この色、すごくいい!この色を屋根の色にしよう」と思い、いざ実際に塗ってみると、「あれ、思っていた色と違う」なんてことが起こります。
実際の施工例を業者にお願いして、見せてもらうことをおすすめします。

 

*遮熱効果の高い塗料を選ぼう

 

屋根は太陽光を多く受けます。
ですので、屋根の遮熱効果が低いと夏は特に室内の温度が上がるので、光熱費が上がりやすくなってしまいます。
白に近い色の方が、日光をよく反射し、遮熱性能が高いと言われていますが、最近は遮熱塗料と言って、同じ色でも太陽光の反射率が高い塗料が開発され、使われています。
施工の際には、業者とよく打ち合わせをして、どんな塗料を使うか検討しましょう。

□まとめ

 

今回は屋根の塗り替えの時の色選びのポイントについてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
皆さんもぜひこの記事を参考にして素敵な屋根のリフォームを実現してみてください。

Pocket