Pocket

「そろそろ自宅の築年数が10年を超えるから、外壁が心配だな」とお考えの方も多いかと思います。
外壁は、あまりに見慣れすぎて、その変化になかなか気づくことができず、気づいたときには、大規模な工事が必要になっている可能性があります。
そこで今回は、外壁の点検・メンテナンスのポイントとメリットについてご紹介させていただきます。

 

□外壁の点検で確認すべきポイント

 

外壁の点検で確認すべきポイントは主に2つです。
まず、最初に外壁を少し触ってみてください。
その際に、手に粉のようなものが付着した場合はそろそろ、塗り替えの時期であるサインです。
もう1つのポイントは、外壁にヒビが入っているかどうかです。
髪の毛ぐらいの細さのヒビが確認できましたら、それは先ほどの粉が付着する状況より劣化が進行している場合が多いです。
早急に外壁の塗り替えを検討してください。
また、外壁に大きなヒビが入っていたり、欠損している箇所があったりする場合は、劣化がかなり進行している状態ですので、必ず業者に相談して何らかの措置を取りましょう。

 

□外壁のメンテナンスの方法とポイント

 

外壁のメンテナンスは簡単なものなら、外壁を掃除する程度で大丈夫です。
コケや黒ずみが気になる場合は専用の洗剤がホームセンターなどで販売されているので使ってみましょう。
難しい場合、例えば、外壁のサイティングボードのつなぎ目の部分が劣化している場合は、カッターで取り除き、プライマーを塗って、その上からシーリング材を注入するといったことが必要になるかもしれません。
しかし、これを個人で行うのは、失敗する可能性が高かったり、高所などの作業が危険であったりするので、業者に依頼する方がいいでしょう。

 

□外壁の点検・メンテナンスで得られるメリット

外壁の点検・メンテナンスで得られるメリットは長期的な視点で見るとコストが低く、快適な生活を送ることができるということです。
外壁塗装は外壁を保護するためにあります。
外壁の点検・メンテナンスを怠ると、劣化した塗装を通して、雨水が侵入して内部の建材が傷みやすくなります。
そのまま放置すると、外壁自体を張り替えるといった大掛かりな工事に発展する場合があります。
頻度としては、3か月に一度でもいいので掃除を行っておくと、外壁の異変に早く気づけ、早期に対処することが可能になるのです。

□まとめ

今回は外壁の点検・メンテナンスのポイントとメリットについてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
皆さんもぜひこの記事を参考にして、ご自身でも一度、外壁の点検を行ってみてください。

Pocket