Pocket

「今住んでいる家も、築10年以上になるし、台風の被害が心配だな」とお考えの方も多いかと思います。
実は、大宰府市や筑紫野市がある福岡県は、一年の平均で約3回も台風が上陸するのです。
最近は異常気象とも言われていますから、台風の被害は心配ですよね。
そこで今回は、家屋に関わる台風被害とその対策のためのリフォームについてご紹介させていただきます。

 

□台風が家屋に与える被害とは?

 

台風によって家屋はどのような被害を受けるのでしょうか?
台風が到来すると、雨と風が非常に強くなります。
強風によって、屋根材が吹き飛ばされたり、別の場所から飛ばされた物が外壁にぶつかり、外壁が破損してしまったりします。
また、豪雨によって、強風で破損してしまった屋根材や外壁を通して雨水が侵入することもあります。
この場合、雨漏りや建材の腐敗が起こりやすくなり、家屋の劣化が急速に早まります。

 

□台風に負けないためのリフォーム!

 

家屋が劣化すると最悪の場合、命にかかわります。
また、古くなった自宅の屋根材が風で飛ばされて、ご近所さんにご迷惑をおかけすることになるかもしれません。
そこで、以下ではリフォームでできる対策について、ご説明します。

 

*外壁のリフォーム

 

まずは外壁のリフォームについてです。
築10年以上経っている場合、使われている塗料や環境にもよりますが、外壁が劣化している可能性が高いです。
一度、外壁を注意深く見てみてください。
表面に白っぽい粉が付着していたり、細かいヒビが入っていたりすると、外壁塗装をリフォームすべきサインです。
外壁塗装のリフォームで、外観が美しくなることはもちろん、台風の激しい雨から外壁を守ることも可能です。

 

*屋根のリフォーム

 

屋根も防水工事をしておくとよいでしょう。
屋根材が劣化して、ヒビが入っていたり、防水シートが本来の性能を発揮できなかったりすると、台風による強烈な雨によって雨漏りが起きる可能性があります。
当社では、ポリウレタン樹脂を使用することで、継目のない塗膜を生成して屋根の防水性能を高める防水工事を行っています。
一般の方が、屋根にのぼって調査や工事をすることは非常に危険です。
また、自宅の屋根なんて普段なかなか見ませんよね。
少しでも不安があるのでしたら、専門の業者に一度見てもらうことをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は家屋に関わる台風被害とその対策のための家屋のリフォームについてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
皆さんもぜひこの記事を参考にして万全の状態で台風シーズンに備えましょう。

Pocket