Pocket

福岡にお住まいの方の中には、「最近外壁の汚れが気になってきたな」と思っている方や「サイディングの補修ってどうやってやるのかな?」と思っている方もいらっしゃるかと思います。
外壁は家の顔ですから、汚れていたり、破損したままでいたりするのは嫌ですよね?
そこで今回は、福岡在住の方に向けて、サイディングの汚れの落とし方や補修塗装についてご紹介させていただきます。

□サイディングの汚れの落とし方

サイディングの汚れは意外と簡単に水とスポンジを使って落とすことができます。
しかし、カビやコケといったものは水だけでは落ちません。
カビやコケを落としたい場合は、外壁専用の洗剤や高圧洗浄機を使いましょう。
ここで一つ注意点です。
高圧洗浄機を用いる場合、水しぶきや騒音がご近所さんの迷惑になることがあります。
必ず近隣の方の迷惑にならないように気を付けるとともに、可能な限り、事前にご報告とご挨拶に伺っておきましょう。

□サイディングの補修塗装の方法

サイディングの補修方法は外壁の状態により変化します。

*外壁表面に粉がうっすらと吹いている状態

これはチョーキングといって外壁塗装が劣化しているサインです。
劣化がさらに進むと細かいヒビが目立つようになります。
この場合、外壁を塗り替える必要があります。
外壁を塗り替える場合、もとの外壁をブラシ、高圧洗浄機などを用いてきれいにした後、塗料が飛び散っても困らないように、しっかりと養生します。
その後、下地を塗り、乾燥させて、仕上げの上塗りを行い、最後に養生を取り除いて作業終了です。

*サイディングボードや目地部分がひび割れしている状態

これは、もともとあった破損部分をカッターなどで取り除き、掃除したうえで、プライマーを塗り、余った部分にシーリングを埋め込み、へらなどで整え、乾燥させて完了です。

□補修で塗装を業者に依頼するときの注意点

先ほど、簡単に補修方法をご説明しましたが、実際、ご自身で補修されるのは難しいかと思います。
なぜなら、二階などの高所の作業ですと転倒が危険ですし、なによりすべて自己判断になってしまいますから、塗料なども用途に適さないものを選んでしまい、結局二度手間になってしまうことも考えられます。
ですので、業者に依頼することがおすすめです。
その際にも注意点があります。
それは地元密着型で過去の実績十分な業者を選ぶことです。
外壁塗装のやり方は、外壁の見栄えだけでなく、塗装の耐用年数にも影響します。
そういう面で、問題が起こった時、地元密着で実績のある業者なら、逃げられる心配もありません。
なにより、そういった業者は地元の口コミを大事にしますので、親切に対応してくれます。

□まとめ

今回はサイディングの汚れの落とし方と補修塗装についてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
皆さんもぜひこの記事を参考にして、きれいな外壁を実現してみてください。

Pocket