Pocket

「夏は室内が暑くてたまらない」
このように思っている方も多いかと思います。
近年は異常気象ともいえる夏の暑さが続いています。
しかし、実は、塗装リフォームで室内温度の上昇を抑えることができるのです。
その方法は断熱構造を見直すものと、塗装を塗り替えるものの2つに大別されます。
建物自体の断熱構造に手を加えることは、大掛かりなリフォームになってしまいますし、費用もかさみます。
そこで今回は後者の外壁塗装で室内温度の上昇を抑える方法についてご紹介させていただきます。

□外壁塗装で室内の温度上昇を抑えるための2つのポイント

では、早速、外壁塗り替えによるリフォームで室内温度の上昇を抑えるポイントをご紹介します。

*外壁の色を変える

まずは外壁の色を検討しましょう。
皆さんもご存じだと思いますが、やはり黒っぽい色は熱を吸収しやすいです。
外壁表面の温度は、黒と白で20度前後の差が出てしまうと言われています。
ですので、塗り替えの際はベージュなどの白っぽい色にするといいでしょう。
ベージュのような白っぽい色は色落ちが見えにくいというメリットもあります。

*遮熱塗料や断熱塗料を使う

塗料の色以外にも、温度上昇を抑えるポイントが存在します。
それは、遮熱塗料もしくは断熱塗料を使うことです。
遮熱塗料は太陽に含まれる赤外線の吸収を抑えて、室内の温度が上がることをおさえます。

同じ色の塗料でも、2倍近くの赤外線を反射するので、その効果は絶大です。
一方の断熱塗料はそもそも、熱を建物内部に伝わりにくくする塗料です。

□断熱塗料を使うことで得られる意外なメリット

先ほどご紹介した断熱塗料は冬でもその効果を発揮します。

*高い断熱性で冬も室内が寒くなりにくい

断熱は室内から、熱が逃げることも防ぎます。
よって、暖かい室内が外の冷気によって冷えてしまうことを防ぎます。
光熱費削減の強い味方ですね。

*結露を防止できる

冬、外壁の温度が低下してしまい、室内温度と差が大きくなると結露が発生します。
結露によって、建物の木材が腐ってしまったり、カビが生えることで健康被害や建材の寿命を大きく縮めてしまったりする原因になります。
先ほど説明したように、断熱塗料は外壁の温度低下を防ぐので、結露の発生防止を助けます。

□まとめ

今回は福岡の暑い夏を乗り切るための外壁の塗り替えリフォームについてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
皆さんもぜひこの記事を参考にして、一度外壁のリフォームを検討してみてください。

Pocket