Pocket

みなさんは、太宰府市で有名な名産品は何であるのかを、聞いたことはありませんか?
旅行に行く時は、その場所で有名な食べ物には何があるのか少し気になりますよね。
今回は、太宰府市の名産品である梅ヶ枝餅について、ご紹介したいと思います。
是非一度、召し上がってみて下さい!

梅ヶ枝餅はどのような名産品なの?

梅ヶ枝餅は菅原道真公ゆかりの和菓子で、うるち米ともち米で作られた生地に粒餡を包み、焼き上げた物になります。
焼く工程に特徴があり、お餅なのに表面はパリパリになっています。
一般的なお餅とは少し違いますよね。

美味さの秘訣は、シンプルな和菓子ではありますが、1つ1つ焼き型で焼いていたり、素材にこだわったりと、とても丁寧に作られていること。
これが幅広い年代の人に受け入れられて、名産品という地位を確立しています。
ここで、なぜ菅原道真公とゆかりがあるのか、疑問に思う人もいるでしょう。

実は、京都から太宰府に道真公が左遷された際に、周囲の人達は、道真公へ食べ物を与えることが禁止されました。
当時の政治の中心地であった京都から離れているため、道真公は静かに暮らしていたそうです。
この状況を見て、少し可哀想だと感じる人がいたのでしょう。

見かねた老婆が、梅の枝に餅を差してあげたことが由来となっています。
その後、この伝説を基にした梅ヶ枝餅が作られ、参拝者のお土産として広まることになったのです。

梅ヶ枝餅はどこで買うことができるの?

少し気になる、食べてみたいなと思った人もいるかもしれません。
ここでは、値段や太宰府市のどこで主に購入できるのかについて、ご紹介しましょう。

今回ご紹介する梅ヶ枝餅は、「かさの家」さんで、太宰府天満宮の参道中にお店があります。
販売だけではなく、休憩できるお店もありますので、味見してからお土産で買うこともできます。

値段は5個入りの商品が600円、10個入りの商品になると1200円になります。
また時期によっては、ちょっと変わった種類の梅ヶ枝餅が販売されるのです。
毎月17日には古代米入りの梅ヶ枝餅が販売される等、和菓子が好きな人は試してみたくなりますよね。

より詳しい情報や、販売だけではなく、食事処の系列店の紹介は公式のホームページに掲載されています。
気になる人は、是非覗いてみて下さいね。

公式ホームページ「お食事処・甘味処かさの家」
(http://www.kasanoya.com/umegaemochi.html)

まとめ

今回は、太宰府市の名産品である梅ヶ枝餅についてご紹介しました。
梅ヶ枝餅は、菅原道真公へ梅の木の枝を利用して、餅を差し入れしていたことが由来で作られた、太宰府市の名産品になります。

太宰府市で外壁塗装業者を探している方は、是非、弊社ハウジングコートにご連絡下さい。
見積もりも無料で対応させて頂きますので、心よりお待ちしております。

Pocket