Pocket

みなさんは、建物のちょっとした隙間を埋めるために、コーキング材を使用していることは知っていますか?
コーキング材は、ゴムのような弾力性の高いもので、種類が幾つかあります。
今回は、外壁塗装でコーキング材を使用する理由や種類について、ご説明しましょう。

なぜ使用されるようになったのかを知ろう

コーキング材は、ちょっとした隙間やひびを補修するために使用されることが一般的です。
しかし、普及する前は、違う方法で行っていたことを知っていますか?
コーキング材の普及の背景には、使い勝手の良さが挙げられます。

従来はコンクリート等で補修を行っていましたが、コーキング材が登場したことにより、補修が簡易的になったことから工事の日数が短縮されたのです。
これは工事を行う業者さんにとって、当時は画期的なことでした。
またネットで調べると、シーリングという言葉と一緒に登場することがあります。
これは昔の見分け方の名残で、油性のコーキング材以外はシーリング材とされていたため、同時に表記されることがあるのです。
もちろん現在は、同様の意味で捉えても構いません。

どのような種類や特徴があるのか?

コーキング材には、大きく分けて4種類あります。

1つ目はシリコン系で、一般的に多く使用されているタイプであり、比較的安価で、浴室やガラス周り等の場所に利用でき、乾きやすい特徴があります。
特にカラーが豊富で、補修時に目立たなくしたいというニーズの人にはピッタリでしょう。

2つ目は変性シリコン系で、1つ目の物とは成分が異なり、サッシ周りや屋根、金属との目地に適しているという特徴があります。
金属部分にも使えるので、幅広い場所に対応できますが、シリコン系よりお値段は高めになります。

3つ目はウレタン系で、外壁の塗装の際に使用されることが多く、固まるとゴムのように弾力性が生まれます。
耐久性は高いですが、紫外線に弱い特徴があるので、窓付近での使用は避けた方が良いかもしれません。

4つ目はアクリル系で、湿った場所にも使用することができ、またALCパネルの目地に使用されることがあります。
耐久性が他と比べると少ないため、使う場所を選ぶ必要があるでしょう。

まとめ

今回は、外壁塗装でコーキング材を使用する理由や種類についてご説明しました。
工事の工程等の使い勝手の良さから普及し、現在では多くの種類がありますので、使用する場所によって合う物を選択しましょう。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket