Pocket

本サイトでも以前、外壁塗装の劣化のサインについて取り上げましたよね。
しかし中には、見た目だけでは分かりにくいサインもあるのです。
そのサインというのは実際に触ってみることなのですが、それで何が分かるのでしょうか?
今回は、外壁塗装に見られるチョーキングという現象について、詳しく解説したいと思います。

チョーキングはどうやって判断するの?

みなさんは、外壁塗装の状態を判断する際、どのようにチェックするでしょうか?
熱心な方なら、外壁の細かいところまで隅々見てみるという方もいるでしょう。

さらに、外壁の一部分を実際に触ってみてください。

すると、手に白い粉がついてくる場合があるのですが、これがチョーキングと呼ばれるものです。
ここで、なぜ白い粉が出るのか、疑問に思う人もいるでしょう。

手についている白い粉は、紫外線等で表面が劣化した際、その部分から直接成分にダメージが加わり発生したものです。
そうなると、塗料の成分である樹脂が分解されてしまい、その影響で白い顔料が粉となってしまうのです。
イメージとしては、ダメージによって塗料の成分がボロボロと出てきていると思っておいて下さい。

また、実際に経験のある人ならば、粉がチョークみたいだと感じたことがあるかもしれません。
粉の状態を見ると、チョークのようであることから「チョーキング」と名付けられました。
確認方法も外壁に触れるだけですから、みなさんもすぐに試すことができますよね。

チョーキングはなぜ起こるのか?

確認方法は分かりましたが、なぜ粉が出てくるようになるのでしょうか?
事前に対策できるならば、できることはしておきたいですよね。
粉が出てきてしまう理由は多くありますが、一番はやはり、年数による劣化です。

時が経つにつれ、多くのダメージを受けているので、劣化してしまうのは当然ですよね。
劣化のサインとして目に見えるのは、どうしても剥がれ等のダメージですが、チョーキングは塗料の成分的な効果が薄れてきているという判断基準になるかもしれません。
従って、新たに塗装を依頼する時期になってきたと考えてよいでしょう。

他のサインと同様に、放置すると耐水性や耐久性が弱まってしまうので、早めに塗装を依頼するようにしましょう。

まとめ

今回は、外壁塗装に見られるチョーキングという現象について、詳しく解説しました。
外壁を手で触った際、白い粉がつくと劣化しているサインになりますから、塗料の塗り替えの時期を迎えていると考えて良いです。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket