Pocket

住宅には、外観や内装を含め、住んでいる人の好みが現れますよね。
例えば、外壁の模様や色、建物の形や大きさなど、そのジャンルは多岐にわたるでしょう。
ところで、屋根塗装にも適した色があるというのを、みなさんご存知でしたか?
屋根塗装をする際に敵した色とは一体、どのようなものなのでしょうか。

屋根塗装をする際に適している色とは何か?

みなさんもやはり、住宅の外観の色合いを好きなようにカスタマイズしたいと考えますよね。
壁や屋根を様々な美しい色で塗装されているのを見ると、憧れが募るという人も多いでしょう。
せっかくならば、自分の好きな色にしたいと考える気持ちは、誰しも抱くものです。

しかし屋根の場合、一般的には落ち着いた暗い色、例えば、ダークグレーや黒等が塗られることが多いです。
なぜ鮮やかな色ではないのかと、不思議に思う人もいるかもしれません。
実は、汚れが目立ちにくいという点で考えると、暗い色が日常使いとしてはベストなのです。

最初は綺麗でも、年数が経つと埃等の汚れが目立ったり、色褪せてきたりしてしまいますよね。
特に、パステルカラーのような明るい色や白で塗った場合を考えてみて下さい。
見た目の綺麗さやお洒落な感じはありますが、汚れがどうしても目立ってきてしまいますよね。
また、明るい日中に見るとより明るく見えてしまうため、はっきりした色合いが好ましい人は避けた方がよいかもしれません。
長く使い続けたいと考えるならば、暗い色を選択した方が無難なのです。

暗い色には暗い色の良さがあり、例えば、明るい色よりも重みがあるので、引き締まった印象を持たせる事もできます。
シックなデザインに惹かれる方には、ピッタリでしょう。

屋根塗装は住宅全体の色のバランスを考えることが大切!

屋根塗装は、屋根の色合いだけでなく、実は住宅全体の配色バランスにも影響してきます。
稀に、色合いが派手だったり、わざと変わった色合いにしたりする住宅もありますが、一般的には馴染みがないですよね。
暗い色が勧められている理由の1つには、外壁等の色と合わせやすいという使いやすさがあるからです。

一般的に外壁では、淡いグレーやベージュが使用されることを多く、その色と合わせるとなると、落ち着いた色の方が良いですよね。
ご自身の好みも確かに大切ではありますが、外壁とのバランスを考えながらカラー選択することも大切なのです。

まとめ

今回は、屋根塗装をする際の配色について考えてみました。
外壁とのバランスや、汚れが目立ちにくい点から、一般的にはダークグレーや黒のような暗い色を選択することが多いです。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket