Pocket


みなさんは、自宅の屋根の状態を定期的に確認していますか?
屋根は確認しにくい部分ではありますが、生活をする上で大きな役割を果たしてくれていますよね。
快適な日常生活を送るためにも、大事にしてあげましょう。
今回は、屋根塗装の剥がれを放置すると何が起こるのか、解説したいと思います。

屋根塗装をすることで私たちを何から守ってくれているの?

屋根塗装は、単純に外観を綺麗するだけがその役割ではありません。
例えば、晴れた日は紫外線、天気の悪い日は雨を防いでくれますよね。
その他にも、空気中に舞っている埃からもガードしてくれているのです。

屋根は天気からの影響をダイレクトに受けているので、当然ですが、時が経つとダメージが出てきます。
快適に過ごすために舗装した部分が、少しでも剥がれている場合は、お手入れのサインになります。
外壁と同様に、剥がれは放置したままにしておくと、屋根以外の部分にもダメージが広がってきます。

そうならないためにも、一番良い方法は、やはり定期的に塗装をしてあげることでしょう。
屋根塗装に対する考え方も、外壁と似ている部分が多いのですね。

放置したままだと、極端な場合はどうなるの?

屋根塗装の剥がれは、どんなに小さな物であっても、後々拡大していきます。

Pocket