Pocket

毎日、私たちを守ってくれている屋根ですが、塗り替えの時期は決まっているのでしょうか?
家のメンテナンスは、設備毎にバラバラなことが多いですよね。
屋根の場合は、どれくらいが塗装する目安になるのでしょうか?
今回は、屋根塗装の目安ときっかけとなるシグナルについて、ご説明しましょう。

屋根塗装を考え始めた方が良い年数は?

よく、外壁は一般的に10年くらいと言われることが多いですが、屋根の場合はどうなのでしょうか?
屋根の場合も10年くらいが目安とされていますが、実際のところ、状態を見ながら判断することがあります。
その理由は屋根の置かれている場所にあり、外壁に比べて雨や風、紫外線の影響を強く受けやすいですよね。

そのため、屋根の方が外壁と比べると、劣化しやすいと言えるのです。
家の中でも、一番デリケートな部分になるので、気を遣ってあげたいですね。
対応を怠ってしまうと、建物に影響を与えてしまいますので、劣化のシグナルを確認していく必要があるでしょう。

屋根の素材には瓦等の種類が多くありますが、日本瓦のように塗装がいらない屋根を除いては、ほとんどが必要になります。

屋根塗装に見られるシグナルには何があるの?

では、屋根塗装が劣化し始めたと分かるシグナルには、何があるのでしょうか?
みなさんでも確認できるきっかけがあると、判断する時に助かりますよね。

シグナルは多く、色褪せている、焼けている、苔やカビがある、錆がある、塗装が剥げている等が挙げられます。
意外にも、私たち素人が見ても分かりやすいシグナルですよね。
その他、気になる部分がある場合は、業者さんに一度見てもらえると良いかもしれません。

2階建ての場合は、2階から1階の屋根を見る方法がオススメで、1階の屋根で気になる点がある場合は、2階でも同様の劣化があることがほとんどです。
もしも写真が撮れる状況なら、相談する際の記録として残しておいても良いでしょう。
他には、双眼鏡を利用して屋根を見るという方法もあります。

また、シグナルの中でも特に注意が必要なのは、ひび割れや剥がれ、一部でも捲れている部分が見られるような場合です。
例え小さな綻びでも、そこから雨漏りに繋がってしまうことも考えられますよね。
大事になってしまう前に、シグナルは見逃さないようにしましょう!

まとめ

今回は、屋根塗装の目安ときっかけとなるシグナルについてご説明しました。
塗装の目安は10年くらいで、屋根塗装が一部でも剥がれる、捲れる、ひびが入っている場合は、特に注意が必要になります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket