Pocket

みなさんは、そもそもなぜ屋根に塗装をする必要があるのか、考えたことはありますか?
塗装している現場は日常の中で見かけることも多いですから、気になりますよね。
これから屋根の塗装を考えている人も、これを機会に塗装の役割を知っておきましょう。
今回は、屋根塗装が必要な理由について解説したいと思います。

そもそも屋根はどのような構造なの?

私たちが屋根について知らないことは、意外にも沢山あります。
まずは簡単にですが、屋根の構造について知っておきましょう。

普段、みなさんが見ている屋根を構成している屋根材は、工場で塗装が塗られた状態で販売しています。
基になる素材の上に塗装をすることで、3層の膜があるということを、聞いたことはあるでしょうか?

一例としてグラッサシリーズを挙げると、紫外線に強い成分の層、色褪せがしにくい層、浸水しにくくする層の3層構造になっています。
やはり屋根は直に天気の影響を受けるため、長持ちするような工夫がなされています。

しかし、いくら優秀な性能であっても、定期的なメンテナンスをしなければ、長持ちしないものです。
大切に使いたいと考えるならば、屋根塗装は必須であると言えるでしょう。

屋根塗装を定期的に行うことでどのようなメリットがあるの?

性能以外の面でも、屋根塗装を行うことで得られるメリットが、3つあります。

1つ目は、屋根の保護に繋がることで、紫外線や雨による錆から守ることができます。
屋根というのは、人の手で日常的にお手入れするのが難しい部分ですよね。
それを塗装してもらうことで、より性能を高めることになるでしょう。

2つ目は、景観の維持になることで、見た目の綺麗さを保つことになります。
見栄え的に、きちんと塗装がされている屋根と、錆が目立っている屋根では、どちらの印象が良いでしょうか?
一般的に、きちんと塗装されている方が良い印象を持ちますよね。
従って、外観の綺麗さを保つという意味もあるでしょう。

3つ目は、家の保護に繋がることで、1つ目と少し関連してきます。
屋根の塗装をせずにそのままにしておくと、屋根の本来の機能である紫外線を防いだり、水の侵入を防いだりすることができなくなるでしょう。
そうなると、家自体の劣化に繋がり、日常生活を送ることが難しくなってしまうかもしれません。

快適な生活をするためにも、屋根への塗装はとても大切なのですね!

まとめ

今回は、屋根塗装が必要とされている理由について解説しました。
屋根への塗装は、景観の維持に繋がるだけではなく、建物自体を守るためにも必要な作業になります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket