Pocket

みなさんは、フッ素系塗料とはどのような物かご存知ですか?
同じ塗料でも、含有成分等によって様々な違いが出てきますよね。
特に、どのような効果が得られるのかについては、詳しく知っておきたいところです。
今回は、使用する前に知りたい、フッ素系塗料に関する特徴についてご説明しましょう!

フッ素系塗料にはどのような性能があるの?

家は、私たちの生活に密着し、雨風から身を守ってくれる生活必需品です。
塗装は、その必需品である家を守ってくれる大切な施工と言えるでしょう。
ただ、塗料を選ぶにしてもどのような特徴があるのか分からないと、選ぶことができませんよね。
ここでは、フッ素系塗料をクローズアップし、その特徴についてお話ししましょう。

まず、大きな特徴としては、様々な性能の効果が非常に高いことが挙げられます。
例えば、塗った後にどのくらい効果が維持できるのかというと、12年から長くて15年くらいは長続きします。
そのため、小まめに塗り直す必要がありません。

また、湿気を防いだり、防水性が高かったりするのも特徴になります。
特に、住宅の周辺が湿気やすい環境にある場合、家の中で対策することもできますが、外でも対策ができるとより助かりますよね。
また、雨漏り等の水が浸水するのも防いでくれる為、多くのメリットが得られると言っても過言ではありません。

このように、フッ素系塗料は、他の種類と比べても性能が高く、様々な問題に対応しやすいということが分かります。

有能なフッ素系塗料にマイナス面はあるの?

上記までの流れで、フッ素系塗料にはメリットが多いと感じた人も多いでしょう。
その一方で、場合によっては不向きな建物もあるのです。
塗料選ぶ際には、マイナス面も知っておくこともまた重要ですから、念頭に置いておきましょう。

まずは、他の塗料と比べた時に価格が高めであるという点です。
性能が高い分、それに比較して当然ですが価格もそれ相応になっていきますよね。
様々な希望に対応できやすい分、金銭的負担がかかることを覚えておきましょう。

次に、建物によっては塗料が不釣り合いになってしまうという点です。
この塗料が使用されるのは、多くの場合ビルのような建物や、一般の住宅ならば屋根の部分になります。
光沢のある塗料なので、建物によっては雰囲気と合わないということも出てくるでしょう。

従って使用する場合は、家の雰囲気を見ながら、全体ではなく部分使いで使用する形が向いているかもしれませんね。

まとめ

今回は、フッ素系塗料に関する特徴や、メリット・デメリットについてご説明しました。
他の塗料と比べて性能が高く、家全体というよりは屋根に使用されていることが多いという事でしたね。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket