Pocket

「外壁が汚れたり色あせたりして、古くなってきた」
「築10年たってるけど、外壁をリフォームした方がいいのか」
と考えている方はいらっしゃいませんか?
家の外壁は10年をめどにリフォームが必要だと言われています。
そこでリフォームを考える時に、リフォームの種類とメリットを考える必要があります。
ここでは、外壁リフォームの種類とそれぞれのメリットを解説します。

□外壁リフォームの種類には3つある

外壁リフォームは3種類あり、それぞれの家に合うリフォームが異なります。
それぞれの特徴やメリットに合わせて、選ぶ必要があります。

*外壁塗装

今ある外壁の塗装を塗り替えるリフォームです。
一戸建てをお持ちのほとんどの方が一度は経験されるリフォームでしょう。
費用が安価で、工期が短い、今ある家を生かしたリフォームができる、といったメリットがあります。
塗料にもよりますが、約10年に1度は塗り替えが必要です。
もし外壁に大きな損傷がある場合、塗り替えでは直せません。

*張り替え

外壁を丸ごと張り替えるリフォームです。
内部の防水紙などもメンテナンスできるので、家の問題を根本から解決できます。
そのため、家の寿命や耐久性、性能をかなり上げられるメリットがあります。
しかし工事費用が高く、工期が長くなります。
また、モルタルなどの塗り壁では張り替えできません。

*カバー工法

 

今の壁の上に別の外壁材を取り付ける工法です。
張り替えと比べると費用が安いですが、同じくらいの耐用年数を維持できるメリットがあります。
また、柄や模様が多彩で性能が高いので、サイディングを取り付ける方が増えています。
しかし、外壁に損傷があると、このリフォームはできません。

□どの外壁リフォームがおすすめなのか?

最近では、外壁にサイディングを使用する家がほとんどです。
サイディングは強度が高いので、張り替えが必要なことはほとんどありません。
しかし年数がたつと、汚れや色あせが目立ってきてしまうものです。
そのため、塗り替えは必要になるでしょう。
外壁の汚れや色あせが気になったら、すぐに塗り替えをしてください。
そうすれば、家全体の寿命が延びますよ。

□まとめ

以上、外壁リフォームの種類とそれぞれのメリットを解説しました。
外壁塗装ではさまざまな塗料があり、色や性能を自分で選べます。
外壁塗装をして、家の雰囲気をガラリと変えてみませんか?
弊社は福岡県の福岡市や太宰府市、筑紫野市で家のリフォームを専門にしています。
特に外壁塗装には自信があります。
ぜひ弊社にお任せください。

Pocket