Pocket


「最近家で雨漏りが見られるようになったが、原因は何なのだろう。」
「住宅の雨漏りはどうして起こるのだろう?どうしたら予防できるのだろう?」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
今回は雨漏りが起こる原因について説明していきます。

 

□メンテナンスの必要性

住宅を購入してから年月が過ぎて、雨漏りが発生してしまったからどうにかしたいという方は少なくありません。
住宅の屋根や外壁の塗装は経年とともに劣化が進行し、劣化を放置しておくと雨漏りにも繋がります。
定期的なメンテナンスは、住宅の寿命を延ばすためにも必要なことなのです。

 

□雨漏りの原因

雨漏りの原因といってもひとつではありません。
雨漏りを引き起こす原因となる箇所をご紹介します。

*屋根からの雨漏り

雨漏りが発生したとき、お住まいの方が原因としてまず疑う箇所が屋根でしょう。
しかしながら、シンプルな設計の屋根できちんと防水シートによる施工が行われているものであれば、雨漏りの心配はほとんどいらないのです。
それでは、なぜ屋根から雨漏りが屋根から発生するのでしょうか?
原因は建築時の施工ミスと経年劣化です。
屋根の谷部・壁止まりなど形状が複雑な箇所にできた僅かな隙間から水が入り込むのです。
また、年月が経つにつれて傷んでくるコーキング部分からの雨や湿気の浸入も雨漏りにつながります。
10年に一度は屋根にメンテナンスが必要と言われますから、劣化が気になる方は業者に相談してみてください。

 

*外壁からの雨漏り

あまり知られていないのですが、雨漏りが起こる原因となる箇所で多いのが外壁です。
外壁も屋根と同じく10年に一度はメンテナンスを行う必要が出てくると言われています。
外壁と屋根の接するところや外壁材同士のつなぎ目が劣化してきて雨水や湿気が入り込んで来るのです。
つなぎ目であるコーキング部分が固くなって割れ目が見られるようになってきた場合は、業者に相談して補修してもらうことが雨漏りの予防につながります。

 

*バルコニー・ベランダ

経年とともに防水機能を失ったバルコニーやベランダには雨が降ると排水がうまくいかず水が溜まってしまうことが増えてきます。
こういった状態を放置しておくと、排水機能の悪さから水が住宅の内部にまで入り込んで雨漏りが起こってしまうのです。

 

□まとめ

今回は住宅で雨漏りが発生する原因は何なのか、どうすれば予防できるのかということについて説明しました。
雨漏りが発生したまま放置しておくと、どんどん住宅の状態が悪化してしまいます。
雨漏りを解決するには防水工事を施して住宅の防水機能を高めることがおすすめです。
現在雨漏りが発生していて悩んでいらっしゃる方は、できるだけ早く専門業者に相談して対策を考えてくださいね。

Pocket