Pocket


「最近外壁の劣化が目立ってきたけれど、そろそろ塗り替えを考えたほうが良いのだろうか?」
「外壁塗装の塗替えのタイミングってどうやって判断するのだろう・・・」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
今回は外壁の塗替えをするべきタイミングの見分け方について説明していきます。

 

□塗替えのタイイングを決めるサイン

外壁塗装というのは年月が過ぎていくに連れて汚れが蓄積していったり、劣化が進行したりして塗替えを考えなければいけなくなります。
しかし、劣化といっても度合いがあり、どうやって適切なタイミングを判断すれば良いのか分からないという声も多いようです。
では、塗替えの目安にするべきサインをいくつかご紹介します。

 

*外観の変化

住宅の外観を美しくすることは外壁塗装が担う役割のひとつです。
初めはきれいだった外壁も経年とともに汚れが蓄積されていきます。
掃除ではどうしようも無いくらいに汚れが目立ってきた、カビやコケが繁殖してしまったという場合は塗替えを考えるべきです。

 

*チョーキング現象

一般的に塗替えの目安となるサインだと言われるのがチョーキング現象です。
白亜化現象とも呼ばれるこの現象は、塗料に含まれる顔料が紫外線や風雨の影響により劣化して発生します。
顔料同士の結合力が無くなりチョークの白い粉のように外壁表面に現れるのです。
手で外壁に触れて白い粉が付着すればチョーキング現象が発生していますから早めに塗替えを考えてください。
放置しておくと劣化が進行してひび割れの発生などにつながってしまいます。

 

*ひび割れ・剥離

ひび割れや剥離が目立って見られる場合は早急な塗替えを検討しなければなりません。
というのも、これらの症状を放置しておくと外壁にできたわずかな隙間から雨水や湿気が入り込んでしまうからです。
水分が外壁内部にまで浸入してしまうと、雨漏りにつながったり木材が腐食したりすることにもなってしまいます。
業者に相談して下地処理でこれらを補修した後、新たな塗料を塗装してもらってください。

 

□まとめ

今回は外壁の塗替えのタイミングはどうやって判断すれば良いのかということについて説明しました。
この記事を参考にしてご自身の住宅は塗替えのタイミングが来ているかどうかを見てみてください。
劣化の進行が見られた場合は放置しないことが大切です。
外壁塗装のことで分からないことや不安に感じていることがあれば、ぜひ一度専門の業者に相談してみると良いですよ。

Pocket