Pocket


「最近住宅の外壁が劣化してきて塗装を依頼するかどうか迷っている・・・」
「外壁が以前と比べて劣化が進んできたけれど、外壁塗装を依頼するのもお金がかかるし意味があるのかな?」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
今回は外壁塗装を行うことには、どのような意味があるのかということについて説明していきます。

 

□外壁塗装の役割

最初はきれいな状態だった外壁塗装も年月の流れとともに劣化が進行していって塗り替えが必要になってきます。
しかし、外壁の塗り替えを専門業者に依頼するとかなりの費用がかかってしまうため、できれば塗装をしないでおきたいと考える人もいらっしゃるのではないでしょうか?
外壁塗装が果たす役割は主に2つあります。

 

*外観を美しく

住宅というのは住む人にとって大切な財産のひとつです。
ですから、住宅の外観が美しいかどうかということは重要なことではないでしょうか?
劣化してきた外壁であっても塗り直しを行えば新築のようにきれいになります。
きれいな外観をもった住宅は住む人と見る人の両方をいい気持ちにさせてくれるのです。

 

*寿命を延ばす

外壁塗装が果たす役割には住宅を守るということも含まれています。
住宅の外壁は毎日紫外線や雨風といった外部環境からの影響を受けています。
もし塗装がなければ外壁が直接それらの影響を受けてしまい、住宅の寿命が縮んでしまうのです。
塗装が劣化した状態で放置しておくと、ひび割れや剥離が起こった部分から雨水や湿気が内部に入り込んで腐食してしまうことも考えられます。
またシロアリが発生してしまう可能性もあるのです。
そのようなことになると住宅内部の木材がボロボロになってしまい、大きな修繕工事が必要になるかもしれません。
外壁塗装のサイクルはおおよそ10年と言われています。
これを目安にして、ご自分の住宅の外壁は大丈夫かどうか確認してみてください。

 

□まとめ

今回は外壁塗装をすることにどのような意味があるのかということを説明しました。
確かに外壁塗装を依頼して施工してもらうのには、かなりの費用がかかってしまいます。
しかしながら、塗装の劣化を放置しておいて外壁内部にまで悪影響が及ぶと、その補修工事にさらなる費用がかかってしまうこともあるのです。
劣化の症状を見逃さず、適切なタイミングで塗り直しを行うことが重要と言えるでしょう。
外壁塗装のことで分からないことや不安に思っていることがある方は、ぜひ一度専門の業者に相談してみてくださいね。

Pocket