Pocket


「飲食店を経営しているが、店舗の塗り替え工事って行うメリットがあるのか?」
「飲食店の店舗の外壁が劣化してきた。そろそろ塗装を依頼したほうが良いのかな?」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
今回は店舗を構える飲食店が外壁塗装を行うメリットについてご説明します。

 

□塗装の必要性

初めはきれいな外観を保っていた店舗であっても、年月の流れとともに劣化が進行してきて見た目も悪くなってしまいます。
なにも、外壁塗装の塗り直しを依頼するのは一般住宅だけではありません。
飲食業をはじめとして店舗を構えるお店にとっても、塗り替えは考えなければならない問題なのです。

 

□店舗を塗り替えるメリット

*店舗の寿命を延ばす

外壁の劣化がひどくなってくるとひび割れや剥離が発生することがあります。
このような劣化を放置しておくと、外壁にできた隙間から雨水や湿気が入り込んでしまい、外壁内部にまで水分が浸入してしまうかもしれません。
そうなってしまうと、建物内部で腐食が発生して寿命が短くなってしまうのです。
建物の耐久性に関わる工事となると、修繕費も高くなってしまいます。
劣化を見つけた段階でメンテナンスを行うことで、店舗の寿命を延ばすことができるのです。

 

*お客様へのイメージアップ

同じような飲食店で外観が美しいお店と古びて汚れたお店があれば、お客様は前者のお店に行くことが多いのではないでしょうか?
外壁が汚れていて外観が悪いとお客様が遠のいてしまいます。
「この店は補修する余裕も無いのかな」、「汚れている店は不衛生そう」などとマイナスのイメージがついてしまえば店舗の利益にも悪影響を及ぼすのです。
新規顧客を獲得するためにも店舗の外装というのは重要な役割を果たします。
外壁塗装を行えば、下地処理と言って外壁を高圧洗浄機で洗浄し、傷んだ箇所を補修してから新しい塗料を塗装するため、外観はまるで新店舗のような仕上がりになります。
外装のリニューアルを行うことでお客様に「この店舗は資金的に余裕がある」、「安心してサービスを受けられる」といったプラスの印象を抱いていただけるのです。

 

□まとめ

今回は飲食店が外壁塗装を依頼するメリットには、どういったものがあるのかということを説明しました。
外壁の劣化を放置しておくと、店舗そのものの寿命が縮んでしまうだけでなくお客様が抱くイメージも下がってしまいます。
外壁劣化が気になってきた、外観が悪くなってきたと感じてきた方は、ぜひ一度外壁塗装を検討してみてください。

Pocket