Pocket


「最近になって家に雨漏りが発生するようになった。どうしたらいいのだろう・・・」
「住宅の雨漏りに悩まされているから防水工事を依頼しようか迷っている。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
今回は住宅に施す防水工事について説明していきます。

 

□防水工事のメリット

住宅において外部環境の影響を直接受ける外壁や屋根、ベランダの劣化がひどくなると雨漏りが発生してしまいます。
しかし、防水工事を行うことで状態を改善することができるのです。

*住宅の寿命を延ばす

初めはきれいだった住宅も年月が流れていくに連れて劣化が進行していくものです。
外部環境にさらされて劣化がひどくなり、ひび割れや剥離が発生してくると、そういった傷んだ箇所から雨水や湿気が浸入してしまいます。
この状態を放置しておくと、いずれは外壁内部にまで水分が入ってくるようになり雨漏りへとつながっていくのです。
雨漏りが起こった状態ではどんどん住宅に悪影響が及び、内部の腐食などによって寿命が縮んでしまうことも考えられます。
住宅の寿命を延ばして安全で安心な生活をするためにも塗装は重要で、防水工事にはメリットがあると言えるでしょう。

*水たまりをなくす

ベランダやバルコニーに水が溜まりやすいと感じている方はいらっしゃいませんか?
経年とともにベランダやバルコニーの表面は削れていって排水機能が下がってしまうことがあります。
こういった場合でも防水工事を行って加工を施せば排水機能が向上し、ひどい水たまりが解消されます。

 

□防水工事の流れ

当社で行っている防水加工は、ポリウレタン樹脂で継ぎ目のない塗膜を生成して防水性を高めるというものです。
防水工事にも種類がありますが、当社では長年の知識と経験からこのウレタン加工をおすすめしています。
では、その流れをご紹介します。

 

*ウレタン加工の流れ

まずしっかりと下地処理を行い、塗装を施す箇所を洗浄して補修します。
そして専用のプライマーを塗布してから、カチオンフィラーを隙間ができないように塗布していきます。
その後、2回に渡ってウレタン塗料を塗布するのですが、ウレタンを流し込んでコテやローラーで均一の厚さになるよう丁寧に作業を行います。
最後にトップコートを施せば施工完了です。

 

□まとめ

今回は雨漏りに悩まされている方へ防水工事についてのご紹介を行いました。
雨漏りを放置しておくと、住宅の内部に悪影響が及んで後に大きな補修工事の必要性が出てくるかもしれません。
雨漏りが見られる場合は、できるだけ早く業者と相談して防水工事を考えてみてくださいね。

Pocket