Pocket

色選びは福岡のハウジングコート塗装専門店

「外壁塗装をしたいけれど、色で迷っている。」
「外壁の色ってどのような基準で選べば良いのか分からない。」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
住宅の顔とも言える外壁の色を決めるのはなかなか迷いますよね。
実は、塗料の色を決めるためにはいくつかのポイントがあります。
そこで今回は、外壁塗装をする際の色の選び方を説明します。

□周囲との調和が取れる

色を選ぶときのポイントの1つに、調和が取れるかどうかという点があります。
落ち着いた色や、周囲の建物と相性が良い色が一般的によく選ばれています。

□汚れが目立ちにくい

外壁の色を選ぶときのポイントとして、汚れが目立ちにくい色を選ぶことをおすすめします。
時間が経つにつれて、外壁が汚れてしまうのは仕方のないことです。
しかし、外壁が汚れの目立ちにくい色であれば、外観もそれほど損なうことはないのです。

*目立ちにくい色

汚れが目立ちにくい色でよく使われるのはグレーです。
そう聞いて自分のご近所の建物の色を考えてみると、グレーの外壁の住宅やマンションは多い気がしませんか?
砂や排気ガス、カビやコケの色はグレーの上では目立ちにくくなります。
他にも、アイボリーや薄いブラウンや薄いベージュもよく用いられます。
これらの色は落ち着きがあり、また周囲とも馴染みやすい色です。
迷ったらこのような色を検討すると良いでしょう。

*目立つ色

反対に汚れが目立つ色も存在します。
美しいとされる白色は、汚れが最も目立ちやすい色の1つです。
確かに、白色はどの色にも相性は良く、周囲との調和がとれる色で良い面も多いです。
しかし、初めは光をよく反射し美しい外観だった住宅でも、時間が経つにつれて汚れはついていくもので、白色は特にそれが目立ちやすいことは頭に入れておくべきだと言えます。

また、黒色も汚れが目立ちやすい色です。
ツートンカラーでよく使用され、落ち着いた印象や大人っぽい印象を与えてくれる色ではあるのですが、住宅一面に使用するにはよく考えた方が良いかもしれません。
汚れが目立ちやすい色は、メンテナンスの手間がかかってしまうのです。

□まとめ

今回は、外壁塗装を施す際の塗料の色を決めるポイントをご説明しました。
なかなか住宅の外観を決める大きな要素である色を1人選ぶのは難しいかもしれません。
この記事でご紹介したポイントを把握した上で、業者と相談して自分の希望や住宅の環境に合う色を選択してください。

Pocket