Pocket

福岡塗料の特性ハウジングコート色塗りや

「外壁塗装を考えているけれど、塗料にはどんな種類があるのだろう?」
「外壁塗装に使われる塗料の種類とその特徴を知っておきたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
年月が過ぎていくにつれて外壁の劣化は進んでいくので、外壁の塗り直しは必ず考えなくては行けません。
とはいっても、塗料についてはよく分からないですよね。
そこで今回は、外壁塗装における塗料の種類とその特徴をご紹介します。

□シリコン塗料

塗料には様々な種類があるのですが、シリコン塗料は価格と耐久性のバランスの良さから日本の一般住宅で最も普及している塗料です。
そのため、「悩んだらシリコン塗料を選んでおけば間違いない。」と言われるほどです。
光沢もあり住宅の外観も美しく仕上がります。
耐用年数はおよそ8〜15年とされています。

□フッ素塗料

シリコン塗料よりもグレードの高い塗料で、値段も上がりますが、耐久性もその分高く15〜20年持つと言われています。
汚れをはじき、近年問題視されている酸性雨にも強い塗料のために外壁に使用される方が増えてきています。
短期での塗り替えが難しい大型施設に使用されており、東京スカイツリーにも使われています。
短期間での塗り替えは嫌だという方におすすめです。

□無機ハイブリット塗料

ガラスのような無機物を塗料に混ぜ込んでつくられた高い耐久性を持った塗料です。
耐用年数が他の塗料と比べても非常に長く、たびたび外壁を塗り替えたくはないという方におすすめです。
耐用年数は20年以上とも言われています。

□クリヤー塗料

サイディングボードという外壁材のデザインを残したい、表面を保護したい方におすすめの塗料です。
通常、塗料には色を出すために顔料が含まれているのですが、クリヤー塗料にはそれが含まれていません。
そのため、石積み調やタイル調、レンガ調といったサイディングボードのデザインを重視したい方でも、模様が塗料によって潰される心配が必要ありません。
顔料を含まないため、劣化によって表面に白い粉が発生するチョーキング現象も起こらないこともメリットです。

□断熱塗料

主にセラミックを原料とする塗料で、名前のとおり熱を伝えにくい性質を持ちます。
夏場に厳しい太陽光が当たることで上昇した熱を内部に伝えにくくするだけでなく、冬場に温めた室内の熱を外に逃がしにくくなります。
このような効果により、冷暖房機器の使用が抑えられ環境に優しい塗料と言われています。

□まとめ

今回は、外壁塗装における塗料の種類と特徴についてご説明しました。
塗料と言っても様々な種類があり、特徴もそれぞれ異なることがご理解いただければ幸いです。
ご紹介した塗料を踏まえて、外壁塗装の専門業者と相談してどの塗料にするのか決めていきましょう。

Pocket