Pocket

塗料の種類について福岡市外壁屋根専門

「外壁塗装の塗料にはどんな種類があるのだろう?」
「外壁塗装を考えているけれど、塗料の値段って種類によってどれくらい変わってくるのだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
経年劣化により、外壁塗装はどの住宅にもいずれ必要になります。
とはいっても、塗料の種類やその値段はよく分からないですよね。
そこで今回は、外壁塗装における塗料の種類とそのおおよその値段についてご説明していきます。

□塗料の種類と値段

外壁塗料には様々な種類があり、その値段も機能性や耐久性によって変わってきます。
ここでは、塗料の特徴と平米単価の相場をご紹介します。

*ウレタン塗料(1800〜2000円)

シリコン塗料が普及する前に、主に用いられていた塗料です。
ウレタン造形と言って、アンティーク調の外壁のようなおしゃれな外観をつくるときにも用いられています。
耐用年数は8〜10年程度です。

*シリコン塗料(2500〜3500円)

シリコン塗料は現在最も普及している塗料で、多くの住宅に使われています。
「悩んだらシリコンを選んでおけば間違いない。」と言われるほど人気と評判があるのです。
というのも、価格と耐久性のバランスが優れており、親水性が高く防汚性に長け、汚れにも強い塗料だからです。
耐用年数は8〜15年と言われています。

*フッ素塗料(3500〜4500円)

汚れを弾き、酸性雨にも強いため、評価の高い塗料です。
耐用年数は15〜20年と耐久性にも優れており、東京スカイツリーにも用いられています。

*光触媒塗料(5000〜5500円)

この塗料は、紫外線が当たると、外壁表面に付着した排気ガスや有機物による汚れを分解してくれます。
また、静電気を帯びにくく親水性が高いため、汚れが付きにくく落ちやすいのです。
汚れや劣化に強く、15〜20年持つとされています。

*無機塗料(5000〜5500円)

無機物を含んでおり、耐久性が非常に高い塗料です。
劣化に強く長持ちすることで評判があります。
耐用年数は20年以上と言われています。

*断熱塗料(5000〜5500円)

セラミックを原料とするこの塗料は、名前の通り熱を伝えにくい性質を持ちます。
夏は暑い外の熱を室内に伝えにくく、冬は温めた室内の熱を外に伝えにくい優れものです。
また、耐久性にも優れています。

□まとめ

今回は、外壁塗装の塗料にはどんな種類があり、それぞれどれくらいの値段なのかという点についてご説明しました。
この記事でご紹介したことを踏まえて業者と相談し、自分の住宅にとって最適な塗料を選択してください。

Pocket