Pocket

外壁塗装の必要性福岡博士

「最近外壁の劣化が目立ってきたけれど、外壁塗装の業者に相談や塗り直しの依頼した方が良いのかな?」
「新築で家を購入してから随分と年が経ったけれど、外壁塗装って必要なのかな?」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装は必要とよく聞くけれど、具体的にどうして必要なのかがよく分からないというお客様の声は少なくありません。
そこで今回は、外壁塗装の必要性についてご説明していきます。

□外観が美しくなる

初めはきれいだった外壁でも、10年もすれば汚れや劣化で外観が悪くなってしまいます。
住宅の顔とも言える外観が汚れている状態を、良いこととは思えませんよね。
簡単に落ちる汚れならご自身で掃除すれば解決するのですが、長い年月を経て溜まった汚れはなかなか落ちるものではありません。
このような場合、業者に依頼して汚れを落とし、劣化でできたひびや剥離を補修して新たに塗料を施すことで外観も美しくなるのです。

□外壁の機能性を高める

外壁塗装を施すと、住宅の耐久性が高まります。
外壁は、雨水や紫外線といった外部環境から住宅を守る部分です。
劣化すればするほど耐久性が落ちてきて、それらから住宅を守る機能が衰えてしまいます。
また、塗料は断熱機能も持っており、適切な塗装が施されていれば、ある程度は外部の温度変化から住宅を守ってくれます。

□外壁の劣化を放置すると・・・

外壁塗装が劣化すると、表面にひびや剥離がでてきます。
また、劣化が進むとチョーキング現象といって、塗料の表面に白い粉が見られるようになります。
この現象だけでは、すぐに塗装をする必要はありません。
しかし、塗り替えを行わずにずっと放置しておくと、劣化でできたひび割れから雨水や湿気が外壁内部に入り込んで、雨漏りの原因となりうるのです。

また、カビやコケが内部に発生したり、水分を吸った木材が腐食したりすることもあります。
雨漏りの修繕工事や外壁内部の断熱材などが腐食してしまったときの補修工事に比べたら、外壁塗装の方が費用はかかりません。
このことからも、放置しておいてあとで大きな工事になる前に塗装を施すべきだと言えます。

□まとめ

今回は、外壁塗装の必要性についてご説明しました。
劣化や汚れが目立ってきた外壁には、外壁塗装を依頼して塗料の塗り直しをしてもらうべきだということがご理解いただければ幸いです。
ご自身の住宅の外壁の状態が悪くなってきているという方は、ぜひ外壁塗装の専門業者に相談して塗り直しを考えてください。

Pocket