Pocket

外壁塗装を考えている方の中には、耐用年数がどれくらいなのか気になるという方も多いのではないでしょうか。
また、同じ施工を行ってもメンテナンスをするのとしないのとでは、劣化度合いが変わってくるかもしれません。
この記事では、外壁塗装の一般的な耐用年数と長持ちするために気をつけるべきポイントについて書くので参考にしてください。

 

□外壁塗装の一般的な耐用年数

外壁塗装の耐用年数は塗料と施工方法によります。
施工が丁寧であればあるほど長持ちしますし、逆に見えないところで手を抜いていれば、その分劣化も早いと考えておくと良いでしょう。
塗料にもグレードがあり、グレードが高い塗料を使うかどうかによってもどれくらいの寿命かは変わってきます。
ここで、塗料の種類とそれぞれの一般的な寿命についてみていきましょう。

*アクリル塗料

アクリル塗料は5年から8年で寿命がくるようです。
耐久性としては低いですが、こまめに壁の色を変えたい人にオススメかもしれません。

*ウレタン塗料

こちらは5年から10年で塗り直す必要がありそうです。
施工性が良い点も長所ですね。

*シリコン系塗料

シリコン系塗料は8年から15年効果が持続すると言われています。
価格と性能のバランスがいいので、最も人気な塗料だと覚えておくと良いでしょう。

*フッ素系塗料

これは15年から20年の耐用年数を誇る最高級の塗料です。
その分コストもかかりますが、劣化しにくいのは嬉しいですね。

このように施工と塗料の2つによって耐用年数は変化します。
ただ、それだけでなく日々のメンテナンスでも長持ちするかしないかが変わってくるかもしれません。

 

□外壁塗装を長持ちさせるために気をつけるべきポイント

*定期的に汚れを落とす

スポンジやバケツの水で家の壁を掃除してやるだけで劣化を遅らせられます。
それだけでなく、家の壁を見る機会にもなりますので、その分劣化のサインを見逃さないというのも長持ちさせるポイントですね。

間違っても、たわしなどでゴシゴシ磨いてしまうとカビなどが繁殖しやすくなりますので注意が必要です。

*家の中の湿気を確認する

家に湿気が多いと様々な症状が出ます。
そのような状態は雨漏りのサインかもしれません。
そういった面も含め外と内どちらも目視で点検しているとメンテナンスがしやすくなります。

 

□まとめ

この記事では外壁塗装の耐用年数についてお話しいたしました。
また、耐用年数を長くするためにどのような点に気をつければ良いかについてもわかりましたね。
外壁塗装は業者の施行によっても寿命が変わります。
弊社では見えない場所まで丁寧に施行いたしますので、ぜひ一度お見積もりください。

Pocket