Pocket

「外壁塗装っていつやればいいの?」
「オススメの時期は?塗装が必要なサインは?」などと、外壁塗装の時期に関する疑問を持っている方は非常に多いですよね。
外壁の劣化はどういう点で見極めれば良いのかわからないのではないでしょうか。
この記事では、外壁塗装の時期と塗装が必要なサインについてお話しいたしますので参考にしてください。

□外壁塗装は10年に1回と言われている

外壁塗装は築10年を経過したくらいが最も適した時期だと言われています。
外壁も劣化していくので、この時期を目安に1度塗り替えてくれということですね。
ただ、外壁によって劣化のスピードも異なるので、必ずしも10年目で外壁を塗りなおせば良いというわけではありません。
場合によってはそれ以上に早く劣化が進んでいるかもしれませんよね。
その見極め方について見ていきましょう。

 

□こんなサインがあれば塗装の時期かも

*クラック

クラックとは外壁にヒビが入っている状態のことです。
そこから水が建物の内部に侵入してしまい、最悪雨漏りになってしまう可能性もあります。
この段階に来れば、そのままにしておくと非常に危ないので塗装をする必要があります。

*藻やコケ

藻やコケがあると外壁の劣化を促進してしまいます。
こまめにご自身で掃除できるなら良いですが、そうでない場合は業者に清掃してもらうかしてください。

*色褪せ

色褪せてしまっていることで住宅が直接的に傷むことは少ないかもしれませんが、見栄えが悪いですよね。
また、色褪せがあるということは他の劣化の症状も見えてくるかもしれません。

*チョーキング

チョーキングとは、手で触った時に白い粉がつく状態のことを言います。
この状態は劣化の1つのサインなので、塗装を考えた方が良いかもしれません。

*気分転換したくなった時

何か大きな行事を終えたり気分転換をしたくなったりした時に外壁塗装をする方も多いようです。
外壁の色が変わるとそれだけでイメージチェンジにもなるので嬉しいですよね。

 

□まとめ

この記事では、外壁塗装の時期やそれを見極めるサインについてお話しいたしました。
意外と少し見ただけで塗装が必要かどうかわかりますよね。
また、10年を目安と言いましたが、地域によってはそれよりも早く劣化の症状が出てくるかもしれません。
外壁の劣化のサインを見落として放っておくと、修繕に多くのコストがかかってしまうかもしれないので注意が必要です。
この記事を読んで興味を持った方や疑問点がある方はぜひ我が社にご相談ください。

Pocket