Pocket

「そろそろ自宅の外壁を綺麗にした方がいいのかな」
「外壁の劣化が気になって、施工を依頼したいけど、どの季節に依頼するのがいいのか分からない」
福岡に住んでいる方で、このような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。
今回は、自宅の外壁塗装を行うのに目安となる時期と、施工を依頼するのに適した季節についてご紹介します。

 

□外壁塗装をすべき時期

*外壁に劣化が見られる場合

長い間住んでいると、自然に外壁のひび割れや色褪せ、塗装の剥がれなどの様々な劣化が起こります。
同じ家でも方向や部位によって劣化の進み具合は様々です。
劣化が気になる方は、一度業者に見てもらい、どのような施工をするのがベストか教えてもらいましょう。

 

*築10年以上の家に住んでいる場合

一般的に、塗装に使用されるのはシリコン系の塗料です。
シリコン系の塗料は10年前後で劣化が始まるので、家が築10年以上経過している方は、一度外壁塗装を考えてみてもいいかもしれません。

 

□工事するのに適した季節

外壁塗装に最も適した季節は、やはり春と秋です。
4月〜5月(春)9月〜10月(秋)が最も施工に適した季節となり、業者の繁盛期です。
しかし、この時期は予約が取りにくいのが難点です。
では夏や冬に外壁塗装を依頼することはできないのでしょうか。
夏や冬でもしっかりと施工できる業者はありますが、春や秋に比べ、気候条件が厳しいため夏場や冬場の施工は管理が難しくなるのです。
その反面、繁盛期に比べて料金を安く設定している業者も多いのでお得に外壁塗装ができる可能性もあります。
それでは、夏と冬に施工を行う場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

□夏

*メリット

気温が高いため、塗料が乾燥しやすいです。

 

*デメリット

一方で、乾燥のしすぎに注意も必要です。
施行の工程によっては窓を開けたり、冷房をつけられないので、猛暑日などは施工に適しません。
夏に依頼する際は、事前に業者に確認を取るといいでしょう。

 

□冬

*メリット

この時期は閑散期にあたるため、通常よりも安い料金で施工をしてもらえる可能性があります。

 

*デメリット

気温が5度を下回ると施工ができなくなります。また、凍結や夜露などにも注意が必要です。

 

□さいごに

今回は外壁塗装を考える目安と施工に適した季節についてご紹介しました。
現在、外壁塗装をするか悩んでいるという方は、一度業者に自宅を見てもらい、見積もりを出してもらうのをおすすめします。
その中から自分が信頼できて、料金も納得できる業者に依頼しましょう。

Pocket