Pocket

自然災害が多い日本で、強風や台風で家が揺れたり、窓が割れてしまった被害を受けたことがあるという方もいるのではないでしょうか。
台風が直撃すると家の様々な箇所に被害が出るので大変ですよね。
外壁がはがれたり、ひび割れたり。
屋根が吹き飛んで、雨漏りしたり。
今回は、そんな風による家への被害や対策について、また外壁塗装の工事への影響をご紹介します。

 

□強風や台風による主な被害

*屋根

古い家だと屋根材の劣化が進み、瓦が飛んだりズレやすくなっています。
強風で瓦が飛ぶとそこから雨漏りが起きたりすることもあります。
台風の接近が分かっている時は、事前に自宅の屋根が飛びやすくなっていないか、隙間ができていないかを確認しましょう。
強風に強い瓦や屋根材を使うことが一番の防風対策ですが、今すぐ屋根を変えるなんて無理!という方は現在使っている屋根材を定期的にメンテナンスしましょう。

 

*窓

台風や強風が吹く時は窓ガラスが割れたり、風で飛ばされたものが窓にぶつかってガラスが割れることもあります。
割れたガラスが飛散すると危ないので、台風通過時には事前にガムテープでガラスを補強したり、専用のフィルムなどを用いて破片の飛散を防止しましょう。

 

*外壁

強風でひび割れが起き、そこから雨水が家の中に入ってくることがあります。
ものが飛んできて外壁を傷つけたり、泥や土が巻き上がり、汚れが外壁に付着してしまうこともあります。
外壁のコーキングなどを行うことで応急処置もできますが、日頃から経年劣化が出ていないか、外壁のメンテナンスを心がけましょう。
風に強い外壁に変えてしまうのもおすすめです。

 

□外壁塗装の工事への影響

それでは、外壁塗装の施行中に台風が来てしまったらどうなるのでしょうか。
通常は、台風が通過する前に工事を終わらせることがほとんどです。
しかし、万が一施工中に台風が来てしまった時は以下の対策をしましょう。

 

*飛散防止用シートを取り外す

近隣住民の迷惑にならないように取り付けられるシートですが、強風が吹く時はシートが足場に何度も当たるので、シートが原因で足場が倒壊する可能性があります。

 

*足場をしっかり固定する

作業をする際は、ボルトなどを少し緩めている場合もあります。
そのような時は部品をしっかり締めて、足場を固定させましょう。
通常は、業者の方が事前に対策をしてくれますが、現在外壁塗装を検討している方は、台風シーズンは避けた方が良さそうですね。

 

□さいごに

今回は、強風による家への被害や対策について、また外壁塗装の工事への影響をご紹介しました。
この記事を参考にぜひ、台風シーズンには万全の対策を行ってくださいね。

Pocket