Pocket

「そろそろ外壁を塗り直した方がいいのかな?」
「何年経ったら塗り替えをした方がいいの?」
このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。
築何年経てば塗り替えをすればいいのか、使用する塗料ごとに目安になる時期はあるのか、長持ちする塗料はあるのかなど外壁のメンテナンスにおいて考えなければならないことはたくさんありますよね。
そこで今回は、外壁の塗り替えの時期や期間についてご紹介します。

 

□外壁塗装をおすすめする時

*外壁にひび割れや剥がれなど経年劣化が現れている場合

このようなケースは雨や台風などの災害時に
ひび割れや剥がれなどの隙間から水が家の内部に入り込む可能性があります。
早めに修理してしまいましょう。

 

*外壁の汚れやカビの付着が気になってきた時

カビや汚れで外壁の黒ずみが気になってきた時は、これを機に、汚れに強い塗料に変えるのもおすすめです。

 

*築10年以上経過した家に住んでいる方

外壁塗装にはシリコン系の塗料が使用される場合が多く、その耐用年数10年を目安に、築10年以上の家には塗装をおすすめしています。

 

□塗料別のメンテナンスの時期

次は、具体的に塗料ごとにどのくらいの耐用年数なのか、外壁塗装におすすめの時期はいつかを見ていきましょう。
毎日雨風や紫外線にさらされる外壁は時間の経過と共に、着実に劣化していきます。
下記は塗料別の耐用年数です。
ぜひ、塗り替えの時期の参考にしてください。

 

*アクリル系 3~6年
*ウレタン系 5~7年
*シリコン系 7~10年
*ラジカル系 8〜10年
*フッ素系  15~20年
*遮熱系 15〜20年
*ピュアクリル系 12~15年
*無機系 15~20年

 

アクリル系やウレタン系の塗料は価格は安いのですが、耐久性に弱いのが難点です。
次にシリコン系です。
シリコン系は耐久性に優れ、汚れや色落ちにも強いため一般的に外壁塗装によく使用されます。
万が一どの塗料を使用しているか分からないという方は、シリコン系の耐用年数である10年を目安に塗り替えを考えてみてはいかがでしょうか。

 

上記の耐用年数はあくまでも目安です。
実際に住んでいる立地条件や気候条件によって耐用年数は変動し、同じ家であっても日光の当たり具合など、部分ごとに劣化の進行具合は異なります。

 

□さいごに

今回は、外壁の塗り替えの時期や期間についてご紹介しました。
これから塗り替えを考えている方は、実際に一度業者に相談して、見積もりを出してから工事を行うのをおすすめします。

Pocket