Pocket

部屋の壁にガイナを塗る利点。。「思い切って家の外壁の色を明るくしてみようかな」
「カタログを見ても、どの色にしようか迷ってしまう」

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
今回は、外壁塗装をする際に使用する塗料の色とその選び方についてご紹介します。

 

□外壁塗料の色を選ぶコツ:明るい色

まずは、明るい色か暗い色のどちらにするか決めましょう。
明るい色にしたい場合は、赤系、ピンク系、黄色系などの色が当てはまります。

 

*メリット

明るい色を使った家はあまり見ないため、明るい色で家を塗るとそれだけで個性が生まれます。
ピンクや黄色の家は可愛く、明るい色は毎日見てるだけで元気をもらえます。

 

*デメリット

しかし、明るい色を選択するうえで注意も必要です。
なぜなら、強い色を使ってしまうと飽きてしまう可能性が高いからです。
また、明るい色は色が褪せてくると、少々みっともない感じになってしまいます。
外壁は簡単に塗り直しができないため、しっかり考えてから選択しましょう。

 

□外壁塗料の色を選ぶコツ:暗い色

暗い色にしたい場合は、黒、ブラウン、グレーなどの色が当てはまります。

 

*メリット

汚れが分かりにくいことがこれらの色の一番のメリットです。
無難な色ですが、その分飽きないのも良い点です。

 

*デメリット

地味な色味だという点です。
塗ってしまってから、もう少し明るい色にすればよかったと後悔することもあるかもしれません。

 

□おすすめの色

おすすめの色はベージュ系や白です。
白は汚れが気になるという方もいるかもしれませんが、ベージュは暖かみもありますし、汚れもそんなに気になりません。
それでもやはり1色には決められないという方は
2色使いのツートンで塗装したり、部分で色を変えることもできるのでぜひ検討してみてください。
最近は、カラーシミレーションを利用できる店も多いので視野に入れてみるといいかもしれませんね。

 

□後悔しない色選びをするには

外壁塗装は家を丸ごと塗ってしまうので、すぐに塗り替えることはできません。
しかし、カタログを見ても、実際に塗装したらどうなるか予想できないですよね。
そんな時は以下の方法で色を選んでみてください。

 

*より広い面積のサンプルで判断する

色を塗った面積は大きい方が正しく認識できます。
小さなサンプルで判断するのではなく、面積の大きなサンプルで色を選びましょう。

 

*カタログではなく、塗り版の色味で判断する

業者が使用するカタログ本ではなく、板に塗料を塗った塗り版で判断するのがおすすめです。
実際に塗り版を太陽光の下で眺めるとさらに塗装後のイメージがつきやすいと思います。

 

□さいごに

今回は、外壁に使用する塗料の色についてご紹介しました。
ぜひ、色選びの方法を参考にしながら、皆さんの好みに合わせて塗料を選んでくださいね。

Pocket